GINZA 和貴

用語集

経絣
閉じる ×

経絣

経糸に絣を施し模様を織り出した織物。

付け下げ模様
閉じる ×

付け下げ模様

着物の形にして模様をつけて仕立てた和服。

手捺染
閉じる ×

手捺染

染料を糊(のり)にまぜ、直接布地に摺(す)り付けて染色すること。特に、型を用いた模様染めをいう。

附下
閉じる ×

附下

付下げ、付け下げとも書く。訪問着の柄を置く場所(胸・袖・見頃等)と同位置に柄を配するが、裁ち目に柄が渡らないように柄行きになっている。準訪問着として年齢や既婚・未婚に関わらず着用が可能。衽線の柄を繋げた附下訪問着、仕立てた際に柄が全て上向きになるよう染めた附下小紋(一方付小紋という言い方も)がある。

閉じる ×

紬糸で織られた平織の絹織物。生糸を引き出す際、玉繭や穴あき繭などのくず繭を潰し、真綿から引いた糸を使用したものをいう。主に先染めのキモノ自体を指す事も多い。

綴れ織り
閉じる ×

綴れ織り

緯糸に複数の色糸を用い、柄の境目で折り返す技法を用いた織物。緯糸は全体を通さないため色の境目には「ハツリ孔」とよばれる隙間ができるのが特徴。両手2本の爪を鋸状に削り、爪で掻いて織り上げる「爪掻本綴」が有名。またこの分野で細見華岳氏が重要無形文化財に指定されている。

ページの先頭へ