GINZA 和貴

用語集

浴衣
閉じる ×

浴衣

単衣仕立ての麻の着物。

訪問着
閉じる ×

訪問着

社交用の和服。

襦袢
閉じる ×

襦袢

長着の下に着る重ね着でない下着の総称。

閉じる ×

裏のついた和服。

単衣
閉じる ×

単衣

裏のつかない和服。

薄物
閉じる ×

薄物

裏の透ける生地の夏用の着物。(絽や紗など)

経絣
閉じる ×

経絣

経糸に絣を施し模様を織り出した織物。

付け下げ模様
閉じる ×

付け下げ模様

着物の形にして模様をつけて仕立てた和服。

江戸小紋
閉じる ×

江戸小紋

全体に同じ模様を繰り返し染め上げ、遠目に見ると無地に見える細かな柄の単色染め。江戸時代の倹約令の頃に発祥し、武家の由来柄も多く存在する。なかでも“鮫・通し・行儀”の三柄は定め三役と呼ばれ、小紋でありながらセミフォーマルまで活用できる。

遠州木綿
閉じる ×

遠州木綿

温暖であったため綿の生産地として優れていた静岡県西部遠州地方の伝統生地である。江戸時代から昭和30年頃まで盛んに織られていた。

手捺染
閉じる ×

手捺染

染料を糊(のり)にまぜ、直接布地に摺(す)り付けて染色すること。特に、型を用いた模様染めをいう。

伊勢木綿
閉じる ×

伊勢木綿

伊勢国の中心、津で織られていた縞木綿。ふわりと柔らかく肌触りが良い単糸を使用する事が多い。

久留米絣
閉じる ×

久留米絣

江戸時代後期に福岡県久留米市の井上伝という12歳の少女が絣の柄を見て考案した藍染が主体の綿織物。あらかじめ藍と白に染め分けた糸(絣糸)を用いて製織し、文様を表す。伊予絣、備後絣とともに日本三大絣の一つともされる。

附下
閉じる ×

附下

付下げ、付け下げとも書く。訪問着の柄を置く場所(胸・袖・見頃等)と同位置に柄を配するが、裁ち目に柄が渡らないように柄行きになっている。準訪問着として年齢や既婚・未婚に関わらず着用が可能。衽線の柄を繋げた附下訪問着、仕立てた際に柄が全て上向きになるよう染めた附下小紋(一方付小紋という言い方も)がある。

閉じる ×

紬糸で織られた平織の絹織物。生糸を引き出す際、玉繭や穴あき繭などのくず繭を潰し、真綿から引いた糸を使用したものをいう。主に先染めのキモノ自体を指す事も多い。

綴れ織り
閉じる ×

綴れ織り

緯糸に複数の色糸を用い、柄の境目で折り返す技法を用いた織物。緯糸は全体を通さないため色の境目には「ハツリ孔」とよばれる隙間ができるのが特徴。両手2本の爪を鋸状に削り、爪で掻いて織り上げる「爪掻本綴」が有名。またこの分野で細見華岳氏が重要無形文化財に指定されている。

友禅染
閉じる ×

友禅染

染技法の1つ。もち米やうどん粉等の糊を作り、隣り合う色が混ざらないようにする技法。江戸時代の扇絵師「宮崎友禅斎」の名から取られている。

ページの先頭へ