GINZA 和貴

用語集

毛織物(ウール)
閉じる ×

毛織物(ウール)

主として毛糸を使用した織物。そ毛織物、紡毛織物の総称。

閉じる ×

紗織と平織とを組み合わせた組織のからみ織物。(夏の着尺、カーテン地などに使う)

平織物
閉じる ×

平織物

平織りの織物。

閉じる ×

羅は、紗をさらに目を荒くしたような織物。ざっくりした涼しげな風合いがある。(帯やコート地など使う)

閉じる ×

麻糸に強いヨリをかけて織物にし、湯もみをして、皺のようなシボが表面に表れる織物のこと。「しじら」と呼ばれる。

正絹
閉じる ×

正絹

絹だけで織った織物

縮緬
閉じる ×

縮緬

タテ糸に生糸、ヨコ糸に強ねんの生糸を使用し、精練によりしぼを現した織物、またはこれに類似の織物。

更紗
閉じる ×

更紗

植物の模様を染めた布。異国情緒あふれる柄と色合いが特徴。

閉じる ×

まわたを手つむぎにした糸をタテ、ヨコ糸に使用して手織りでかすり、しま、白などに織りあげた先練織物、又はこれに類似の織物。

結城紬
閉じる ×

結城紬

茨城県結城市付近、栃木県小山市周辺で作られている織物。縞もの絣ものが主体。

大島紬
閉じる ×

大島紬

鹿児島市を中心に奄美大島、宮崎県都城市近辺で作られている織物。特徴としては、テーチ木で染めたものを泥染めしたものが多い。

お召し
閉じる ×

お召し

タテ、ヨコ糸に練染の絹糸を使用し、ヨコ糸に通称お召しヨコ糸と証するSZ強ねん糸を2本交互に使用した着尺用小幅織物、又はこれに類似の織物。

上布
閉じる ×

上布

80~100sの麻糸を使用した上質の薄地の硬い夏物の着尺地、又はこれに類似の織物。

閉じる ×

2本のタテ糸が、ヨコ糸1本ごとにもじり目を作る組織の織物で、からみ織りの一種。

閉じる ×

多くの色糸を何色も使って模様を織り出した織物のこと。

唐織
閉じる ×

唐織

錦の一種。中国(=唐)の技法を取り入れ西陣で織り始められた。

綴錦
閉じる ×

綴錦

タテ糸の下の正絵に従って金銀糸などを入れて追った精巧な手織物。

友禅
閉じる ×

友禅

京都の扇絵師、宮崎友禅斎が元禄のころ創案した技法。

佐賀錦
閉じる ×

佐賀錦

繊細な模様を織り出した織物。タテ糸に金箔や銀箔をはった和紙を裁断したものを使い、ヨコ糸は絹を使う。

小紋
閉じる ×

小紋

一反の反物全体に連なって模様付けがされたもの。

江戸小紋
閉じる ×

江戸小紋

一色染めの古典的な小紋柄を指す。柄が細かいのが特徴。

芭蕉布
閉じる ×

芭蕉布

沖縄が産地の糸芭蕉で織られた織物。国の重要無形文化財に指定されている。

黄八丈
閉じる ×

黄八丈

東京都伊豆八丈島で高機で織られる先染めの絹織物。黄色に縞や格子模様が印象的。

紅型
閉じる ×

紅型

沖縄に伝わる型染め。

後染め
閉じる ×

後染め

生糸のまま織られた後に精練する「後練り」の織物。普通白生地と呼ばれる。

先染め
閉じる ×

先染め

糸の段階で染めて織り柄を出すもの。一般に織りの着物と呼ばれる。

綸子
閉じる ×

綸子

タテ、ヨコ糸に無よりの生糸を使用し、表朱子によって文様を織り出した織物又はこれに類似の織物。

博多織
閉じる ×

博多織

福岡県・博多で織られる織物。

塩瀬地
閉じる ×

塩瀬地

塩瀬羽二重の略。経・緯糸とも生糸を使用した羽二重 (はぶたえ)の1種で生地に厚みがある。経糸を細く密に、緯糸は太めの糸を用いる。

縮緬
閉じる ×

縮緬

絹を平織りにして作った織物。 縦糸にはほとんど撚り(より)のない糸を使い、横糸に強い撚りをかけた右より(右回りにねじる)と左より(左回りにねじる)の糸を交互に織ったあとで精練するためシボ(凹凸)が生まれる。

閉じる ×

絣(かすり)は、織物の技法の一つで、絣糸(かすりいと)、すなわち前もって斑状に染め分けた糸を経糸(たていと)、緯糸(よこいと、ぬきいと)、またはその両方に使用して模様を織り上げたもの。

地紋
閉じる ×

地紋

織り方の組織や糸使いの変化によって織物の地に織り出した文様。

丹後ちりめん
閉じる ×

丹後ちりめん

京都府北部の丹後地方で生産される白生地の総称。「たんちり」という表現もよくされる。シボと呼ばれる凹凸のある生地が特徴。

菅繍
閉じる ×

菅繍

日本刺繍技法の一つ。布地の緯糸に沿って糸を置き、細糸で留めたもの。

牛首紬
閉じる ×

牛首紬

主に石川県白山市白峰地区(旧白峰村)において生産される紬織物。同地の旧地名「牛首村」が名の由来であり、玉繭を用いた節のある丈夫な布質が特徴。釘を抜けるほど丈夫なことから釘抜紬(くぎぬきつむぎ)とも称される。

ページの先頭へ