GINZA 和貴

用語集

丸ぐけ
閉じる ×

丸ぐけ

礼装用の帯しめの一種。

しゃれ袋
閉じる ×

しゃれ袋

袋帯の一種。

単帯
閉じる ×

単帯

帯の形に織られたひとえの帯。

夏帯
閉じる ×

夏帯

6月から9月までの単衣仕立ての着物を着る時期に用いられる。

昼夜帯
閉じる ×

昼夜帯

表と裏に違う布を用い、縫い合わせ仕立てられた帯のこと。

袋帯
閉じる ×

袋帯

丸帯状に袋織りにした帯。名古屋帯状のものもある。

名古屋帯
閉じる ×

名古屋帯

胴回りを半幅とし、結びの部分を帯幅として作った帯。

半幅帯
閉じる ×

半幅帯

並幅を二つ折りにして作った帯。

帯揚げ
閉じる ×

帯揚げ

帯の形を整えて締める布。

掛下帯
閉じる ×

掛下帯

うちかけの下に着装する帯。

祝帯
閉じる ×

祝帯

(1子供用の幅に織られた広帯を二つ折りにして帯芯を入れて仕立てたもの。(2)袋帯状の芯の入らないもの。

角帯
閉じる ×

角帯

10cmくらいの幅の男帯。

兵児帯
閉じる ×

兵児帯

男子または子供用のしごいている帯。

抱え帯
閉じる ×

抱え帯

正装の場合に帯の下ぎわにしめるくけひもの帯。

しごき帯
閉じる ×

しごき帯

正装の場合に帯の下ぎわにしごいてしめる帯。

お太鼓結び
閉じる ×

お太鼓結び

太鼓橋の形に結んだ帯の結び方の名称。

六通
閉じる ×

六通

全体の六割通り模様のある帯のこと。

全通
閉じる ×

全通

全体に模様がある帯。

帯枕
閉じる ×

帯枕

帯あげの中に入れて形を整えるためのまくら状の芯。

帯板
閉じる ×

帯板

帯じわを防いだり、帯の前姿を美しく仕上げるためのもの。

帯締め
閉じる ×

帯締め

帯の結びがずれないように締める紐。

なごや帯
閉じる ×

なごや帯

袋帯より短く一重太鼓や変り結び等に用いる。織染ともに豊富。横幅が9寸(鯨尺で34.1cm)の九寸なごや帯と8寸2分(同31.1cm)の八寸なごや帯があり、それぞれ九寸帯、八寸帯とも呼ばれる。

一重太鼓
閉じる ×

一重太鼓

名古屋帯を用いて結ぶお太鼓の部分が一重になる結び方。主に小紋や紬などのシャレ着に結ぶが、悲しみを重ねないという事で葬儀の際の五つ紋黒紋付にも用いる。

二重太鼓
閉じる ×

二重太鼓

主として丸帯や袋帯を結ぶ時に用いる結び方、お太鼓結びの太鼓の部分が二重になったもの。一重太鼓より格が高いとされ留袖をはじめ訪問着や附下等の礼装に使われる事が多いが、シャレキモノに合わせる袋帯もある。

ページの先頭へ