GINZA 和貴

用語集

長襦袢
閉じる ×

長襦袢

肌襦袢と裾よけの上に着るもの。対丈で仕立てるが、別衿で仕立てる関西仕立てと通し衿で仕立てる関東仕立てがあり、関西仕立てが一般的。裾まであるものを長襦袢というが、上半身だけの半襦袢もある。礼装用には白地を用いるが、シャレキモノには色や柄を染めたものを使う。袖口や振りからのぞくキモノと長襦袢の組み合わせはキモノを着る楽しみの一つ。

ページの先頭へ