GINZA 和貴

用語集

角袖
閉じる ×

角袖

大きくて丸みのあるものに対して、丸みのない四角の袖形のこと。

加賀水引
閉じる ×

加賀水引

石川県金沢市(加賀)の伝統工芸の1つ。麻を水に浸し皮を引いた素材を使っていたことが語源と言われる。立体的な和紙の包み方である「折方」、造形的な結び方(水引細工)、美しい筆字の総称であり、日本全国の水引折型のルーツと言われている。

畳紙
閉じる ×

畳紙

厚い和紙で作り、着物をたたんでしまっておくものです。

羽織
閉じる ×

羽織

長着の上に着装する襟を折り返した短い外衣。

衣裄
閉じる ×

衣裄

着物をかけておく木製の家具。

末広
閉じる ×

末広

扇子の別名。

草履
閉じる ×

草履

鼻緒つきで軟質材料の和式のはきもの。

桐たんす
閉じる ×

桐たんす

和箪笥とよばれる「桐たんす」。軽量で湿気や乾燥によるゆがみが少なく強度もあり、水湿を遮断するという特長をもっているため着物の保管に適する。

衣装敷き
閉じる ×

衣装敷き

着物の着脱時やたたむ際に、着物が汚れたり傷んだりするのを防ぐため、床に広げる敷物。

伊達締
閉じる ×

伊達締

キモノを着る際に使う小物の一つ。長襦袢で一本、長着で一本使う事が一般的。それぞれ腰紐だけでは固定しずらい衿合わせやおはしょりのキレイな処理に用いる。博多織のほか合繊やゴム製など様々な種類がある。

長襦袢
閉じる ×

長襦袢

肌襦袢と裾よけの上に着るもの。対丈で仕立てるが、別衿で仕立てる関西仕立てと通し衿で仕立てる関東仕立てがあり、関西仕立てが一般的。裾まであるものを長襦袢というが、上半身だけの半襦袢もある。礼装用には白地を用いるが、シャレキモノには色や柄を染めたものを使う。袖口や振りからのぞくキモノと長襦袢の組み合わせはキモノを着る楽しみの一つ。

肌襦袢
閉じる ×

肌襦袢

肌に直接触れる、肌の汚れや汗を取るための下着。裾除けの機能を兼ね備えたワンピース型もある。

裾よけ
閉じる ×

裾よけ

腰に巻き付けて使う裾さばきを良くするための下着、長襦袢の裾の汚れを防ぐ効果もある、

足袋
閉じる ×

足袋

足を覆う和装小物の一つ。現在は白のキャラコが一般的だがかつては革製で指先が割れておらず室町時代頃に現在の形になったといわれる。3~4枚コハゼが普段用に使われ、丈が長くより肌が見えずらい5枚コハゼの白足袋は礼装用に用いられる。白以外にも柄が入ったものや化繊等の素材を用いたものも普及している。

帯締
閉じる ×

帯締

帯の上中央部分に結ぶ紐。帯を結ぶ目的のほか装飾的な意味合いも強い。

帯あげ
閉じる ×

帯あげ

帯を結ぶ際、帯枕を覆い前で結ぶ小布。帯締同様装飾的な意味合いが強い。

帯枕
閉じる ×

帯枕

帯を結ぶ際、お太鼓の上部の山形を美しく整える道具として使うのが一般的だが、帯結びの種類により様々なサイズや型がある。

帯板
閉じる ×

帯板

帯を結ぶ際長着にシワをがよるのを防ぐために使う板状の道具。前板といもいう。

衿芯
閉じる ×

衿芯

長襦袢や半襦袢の半衿に芯として入れ、衿の形が崩れないように、また抜いた衣紋(えもん)をキレイに保持するのに用いる小物。

半衿
閉じる ×

半衿

汚れの防止と装飾のために、あらかじめ長襦袢の地衿の上に掛ける「掛け衿」の一つ。

ページの先頭へ