GINZA 和貴

用語集

毛織物(ウール)
閉じる ×

毛織物(ウール)

主として毛糸を使用した織物。そ毛織物、紡毛織物の総称。

閉じる ×

紗織と平織とを組み合わせた組織のからみ織物。(夏の着尺、カーテン地などに使う)

平織物
閉じる ×

平織物

平織りの織物。

閉じる ×

羅は、紗をさらに目を荒くしたような織物。ざっくりした涼しげな風合いがある。(帯やコート地など使う)

閉じる ×

麻糸に強いヨリをかけて織物にし、湯もみをして、皺のようなシボが表面に表れる織物のこと。「しじら」と呼ばれる。

正絹
閉じる ×

正絹

絹だけで織った織物

縮緬
閉じる ×

縮緬

タテ糸に生糸、ヨコ糸に強ねんの生糸を使用し、精練によりしぼを現した織物、またはこれに類似の織物。

更紗
閉じる ×

更紗

植物の模様を染めた布。異国情緒あふれる柄と色合いが特徴。

閉じる ×

まわたを手つむぎにした糸をタテ、ヨコ糸に使用して手織りでかすり、しま、白などに織りあげた先練織物、又はこれに類似の織物。

結城紬
閉じる ×

結城紬

茨城県結城市付近、栃木県小山市周辺で作られている織物。縞もの絣ものが主体。

大島紬
閉じる ×

大島紬

鹿児島市を中心に奄美大島、宮崎県都城市近辺で作られている織物。特徴としては、テーチ木で染めたものを泥染めしたものが多い。

お召し
閉じる ×

お召し

タテ、ヨコ糸に練染の絹糸を使用し、ヨコ糸に通称お召しヨコ糸と証するSZ強ねん糸を2本交互に使用した着尺用小幅織物、又はこれに類似の織物。

上布
閉じる ×

上布

80~100sの麻糸を使用した上質の薄地の硬い夏物の着尺地、又はこれに類似の織物。

閉じる ×

2本のタテ糸が、ヨコ糸1本ごとにもじり目を作る組織の織物で、からみ織りの一種。

閉じる ×

多くの色糸を何色も使って模様を織り出した織物のこと。

唐織
閉じる ×

唐織

錦の一種。中国(=唐)の技法を取り入れ西陣で織り始められた。

綴錦
閉じる ×

綴錦

タテ糸の下の正絵に従って金銀糸などを入れて追った精巧な手織物。

友禅
閉じる ×

友禅

京都の扇絵師、宮崎友禅斎が元禄のころ創案した技法。

佐賀錦
閉じる ×

佐賀錦

繊細な模様を織り出した織物。タテ糸に金箔や銀箔をはった和紙を裁断したものを使い、ヨコ糸は絹を使う。

小紋
閉じる ×

小紋

一反の反物全体に連なって模様付けがされたもの。

江戸小紋
閉じる ×

江戸小紋

一色染めの古典的な小紋柄を指す。柄が細かいのが特徴。

芭蕉布
閉じる ×

芭蕉布

沖縄が産地の糸芭蕉で織られた織物。国の重要無形文化財に指定されている。

黄八丈
閉じる ×

黄八丈

東京都伊豆八丈島で高機で織られる先染めの絹織物。黄色に縞や格子模様が印象的。

紅型
閉じる ×

紅型

沖縄に伝わる型染め。

後染め
閉じる ×

後染め

生糸のまま織られた後に精練する「後練り」の織物。普通白生地と呼ばれる。

先染め
閉じる ×

先染め

糸の段階で染めて織り柄を出すもの。一般に織りの着物と呼ばれる。

綸子
閉じる ×

綸子

タテ、ヨコ糸に無よりの生糸を使用し、表朱子によって文様を織り出した織物又はこれに類似の織物。

博多織
閉じる ×

博多織

福岡県・博多で織られる織物。

浴衣
閉じる ×

浴衣

単衣仕立ての麻の着物。

訪問着
閉じる ×

訪問着

社交用の和服。

襦袢
閉じる ×

襦袢

長着の下に着る重ね着でない下着の総称。

閉じる ×

裏のついた和服。

単衣
閉じる ×

単衣

裏のつかない和服。

薄物
閉じる ×

薄物

裏の透ける生地の夏用の着物。(絽や紗など)

経絣
閉じる ×

経絣

経糸に絣を施し模様を織り出した織物。

付け下げ模様
閉じる ×

付け下げ模様

着物の形にして模様をつけて仕立てた和服。

塩瀬地
閉じる ×

塩瀬地

塩瀬羽二重の略。経・緯糸とも生糸を使用した羽二重 (はぶたえ)の1種で生地に厚みがある。経糸を細く密に、緯糸は太めの糸を用いる。

身丈
閉じる ×

身丈

着物の肩山から裾までの長さ。

着丈
閉じる ×

着丈

長襦袢やコートをつくる際に必要な寸法。

閉じる ×

着物の背縫いから袖口の長さまでのこと。

衿幅
閉じる ×

衿幅

(1)広衿(ひろえり):背中心から衿先まで通しの衿幅。 (2)撥衿(ばちえり):背中心から衿先にかけて自然に広がった形。 (3)棒衿(ぼうえり):背中心から衿先まで通しの衿幅。

繰越し
閉じる ×

繰越し

衿肩明きを肩山より後ろ身頃側へずらすこと、またはその寸法。

衽下がり
閉じる ×

衽下がり

肩山から衽先までの長さのこと、またその寸法。

衿肩明
閉じる ×

衿肩明

布地の肩山の位置に切り込みを横方向にいれて首周りを作るその部分、またはその寸法。

袖付
閉じる ×

袖付

身頃と袖が縫い合わさっている部分。またその寸法。

袖口
閉じる ×

袖口

袖口とは手を通すところ。

身八つ口
閉じる ×

身八つ口

身ごろの脇のあき、袖付けの下脇縫いの上の部分。

胴裏
閉じる ×

胴裏

袷(あわせ)のきもの裏地。

八掛
閉じる ×

八掛

身ごろの裾に四布、おくみに二布、衿先に二布合わせて八つに裁って掛け合わせたもの。

裏衿
閉じる ×

裏衿

着物の衿の裏につけるもの。

閉じる ×

(1)名古屋帯の場合:帯幅が半分になっている部分。(2)それ以外の帯:結ぶ際に半分に折る部分などをさす。

たれ
閉じる ×

たれ

(1)名古屋帯:幅が広い方の部分。(2)それ以外の帯:帯結びの際に半分に折らずに使う部分。

決め線
閉じる ×

決め線

お太鼓結びをした際に、お太鼓部分の一番下にあたる部分。

重ね衿
閉じる ×

重ね衿

改まった時、華やかさを出したい時などに用いる装飾用の襟。

色衿
閉じる ×

色衿

白衿に対して色のついた衿のこと。

伊達締め
閉じる ×

伊達締め

長じゅばんの上と着物の上に締めて、衿元、胸元を整え着くずれを防ぐためのもの。

伊達巻
閉じる ×

伊達巻

長着の着付けを整えるために帯の下にしめる幅のせまい帯。

額縁仕立て
閉じる ×

額縁仕立て

縁を折り返して額縁のように仕立てること。

比翼仕立て
閉じる ×

比翼仕立て

衿、裾、袖口などに白い布を重ねて縫い付け、着物の下に1枚重ね着をしているように見せる仕立て方。

角袖
閉じる ×

角袖

大きくて丸みのあるものに対して、丸みのない四角の袖形のこと。

加賀水引
閉じる ×

加賀水引

石川県金沢市(加賀)の伝統工芸の1つ。麻を水に浸し皮を引いた素材を使っていたことが語源と言われる。立体的な和紙の包み方である「折方」、造形的な結び方(水引細工)、美しい筆字の総称であり、日本全国の水引折型のルーツと言われている。

畳紙
閉じる ×

畳紙

厚い和紙で作り、着物をたたんでしまっておくものです。

羽織
閉じる ×

羽織

長着の上に着装する襟を折り返した短い外衣。

衣裄
閉じる ×

衣裄

着物をかけておく木製の家具。

末広
閉じる ×

末広

扇子の別名。

草履
閉じる ×

草履

鼻緒つきで軟質材料の和式のはきもの。

桐たんす
閉じる ×

桐たんす

和箪笥とよばれる「桐たんす」。軽量で湿気や乾燥によるゆがみが少なく強度もあり、水湿を遮断するという特長をもっているため着物の保管に適する。

衣装敷き
閉じる ×

衣装敷き

着物の着脱時やたたむ際に、着物が汚れたり傷んだりするのを防ぐため、床に広げる敷物。

湯通し
閉じる ×

湯通し

布についている糊を除くこと。

洗い張り
閉じる ×

洗い張り

着物を全部ほどき、また一枚の布に縫い合わせて、きれいに洗うこと。

絞り
閉じる ×

絞り

染色時に一部分を糸で縛り、その部分を白く残す染め方。

丸ぐけ
閉じる ×

丸ぐけ

礼装用の帯しめの一種。

しゃれ袋
閉じる ×

しゃれ袋

袋帯の一種。

単帯
閉じる ×

単帯

帯の形に織られたひとえの帯。

夏帯
閉じる ×

夏帯

6月から9月までの単衣仕立ての着物を着る時期に用いられる。

昼夜帯
閉じる ×

昼夜帯

表と裏に違う布を用い、縫い合わせ仕立てられた帯のこと。

袋帯
閉じる ×

袋帯

丸帯状に袋織りにした帯。名古屋帯状のものもある。

名古屋帯
閉じる ×

名古屋帯

胴回りを半幅とし、結びの部分を帯幅として作った帯。

半幅帯
閉じる ×

半幅帯

並幅を二つ折りにして作った帯。

帯揚げ
閉じる ×

帯揚げ

帯の形を整えて締める布。

掛下帯
閉じる ×

掛下帯

うちかけの下に着装する帯。

祝帯
閉じる ×

祝帯

(1子供用の幅に織られた広帯を二つ折りにして帯芯を入れて仕立てたもの。(2)袋帯状の芯の入らないもの。

角帯
閉じる ×

角帯

10cmくらいの幅の男帯。

兵児帯
閉じる ×

兵児帯

男子または子供用のしごいている帯。

抱え帯
閉じる ×

抱え帯

正装の場合に帯の下ぎわにしめるくけひもの帯。

しごき帯
閉じる ×

しごき帯

正装の場合に帯の下ぎわにしごいてしめる帯。

お太鼓結び
閉じる ×

お太鼓結び

太鼓橋の形に結んだ帯の結び方の名称。

六通
閉じる ×

六通

全体の六割通り模様のある帯のこと。

全通
閉じる ×

全通

全体に模様がある帯。

帯枕
閉じる ×

帯枕

帯あげの中に入れて形を整えるためのまくら状の芯。

帯板
閉じる ×

帯板

帯じわを防いだり、帯の前姿を美しく仕上げるためのもの。

帯締め
閉じる ×

帯締め

帯の結びがずれないように締める紐。

吉祥文様
閉じる ×

吉祥文様

縁起がよく、幸福のしるしとして用いられる文様。鳳凰、雲鶴、鶴、亀、牡丹、瑞雲、蝶、菊、松、竹、梅、獅子、宝船、月、宝物などの柄がある。

閉じる ×

着物にあしらわれた家紋。

絵羽模様
閉じる ×

絵羽模様

着物の縫い目にまたがる模様のこと。

飛び柄
閉じる ×

飛び柄

模様がところどころに入った柄のこと。

縮緬
閉じる ×

縮緬

絹を平織りにして作った織物。 縦糸にはほとんど撚り(より)のない糸を使い、横糸に強い撚りをかけた右より(右回りにねじる)と左より(左回りにねじる)の糸を交互に織ったあとで精練するためシボ(凹凸)が生まれる。

江戸小紋
閉じる ×

江戸小紋

全体に同じ模様を繰り返し染め上げ、遠目に見ると無地に見える細かな柄の単色染め。江戸時代の倹約令の頃に発祥し、武家の由来柄も多く存在する。なかでも“鮫・通し・行儀”の三柄は定め三役と呼ばれ、小紋でありながらセミフォーマルまで活用できる。

遠州木綿
閉じる ×

遠州木綿

温暖であったため綿の生産地として優れていた静岡県西部遠州地方の伝統生地である。江戸時代から昭和30年頃まで盛んに織られていた。

手捺染
閉じる ×

手捺染

染料を糊(のり)にまぜ、直接布地に摺(す)り付けて染色すること。特に、型を用いた模様染めをいう。

伊勢木綿
閉じる ×

伊勢木綿

伊勢国の中心、津で織られていた縞木綿。ふわりと柔らかく肌触りが良い単糸を使用する事が多い。

閉じる ×

絣(かすり)は、織物の技法の一つで、絣糸(かすりいと)、すなわち前もって斑状に染め分けた糸を経糸(たていと)、緯糸(よこいと、ぬきいと)、またはその両方に使用して模様を織り上げたもの。

久留米絣
閉じる ×

久留米絣

江戸時代後期に福岡県久留米市の井上伝という12歳の少女が絣の柄を見て考案した藍染が主体の綿織物。あらかじめ藍と白に染め分けた糸(絣糸)を用いて製織し、文様を表す。伊予絣、備後絣とともに日本三大絣の一つともされる。

附下
閉じる ×

附下

付下げ、付け下げとも書く。訪問着の柄を置く場所(胸・袖・見頃等)と同位置に柄を配するが、裁ち目に柄が渡らないように柄行きになっている。準訪問着として年齢や既婚・未婚に関わらず着用が可能。衽線の柄を繋げた附下訪問着、仕立てた際に柄が全て上向きになるよう染めた附下小紋(一方付小紋という言い方も)がある。

閉じる ×

紬糸で織られた平織の絹織物。生糸を引き出す際、玉繭や穴あき繭などのくず繭を潰し、真綿から引いた糸を使用したものをいう。主に先染めのキモノ自体を指す事も多い。

地紋
閉じる ×

地紋

織り方の組織や糸使いの変化によって織物の地に織り出した文様。

丹後ちりめん
閉じる ×

丹後ちりめん

京都府北部の丹後地方で生産される白生地の総称。「たんちり」という表現もよくされる。シボと呼ばれる凹凸のある生地が特徴。

綴れ織り
閉じる ×

綴れ織り

緯糸に複数の色糸を用い、柄の境目で折り返す技法を用いた織物。緯糸は全体を通さないため色の境目には「ハツリ孔」とよばれる隙間ができるのが特徴。両手2本の爪を鋸状に削り、爪で掻いて織り上げる「爪掻本綴」が有名。またこの分野で細見華岳氏が重要無形文化財に指定されている。

なごや帯
閉じる ×

なごや帯

袋帯より短く一重太鼓や変り結び等に用いる。織染ともに豊富。横幅が9寸(鯨尺で34.1cm)の九寸なごや帯と8寸2分(同31.1cm)の八寸なごや帯があり、それぞれ九寸帯、八寸帯とも呼ばれる。

一重太鼓
閉じる ×

一重太鼓

名古屋帯を用いて結ぶお太鼓の部分が一重になる結び方。主に小紋や紬などのシャレ着に結ぶが、悲しみを重ねないという事で葬儀の際の五つ紋黒紋付にも用いる。

二重太鼓
閉じる ×

二重太鼓

主として丸帯や袋帯を結ぶ時に用いる結び方、お太鼓結びの太鼓の部分が二重になったもの。一重太鼓より格が高いとされ留袖をはじめ訪問着や附下等の礼装に使われる事が多いが、シャレキモノに合わせる袋帯もある。

菅繍
閉じる ×

菅繍

日本刺繍技法の一つ。布地の緯糸に沿って糸を置き、細糸で留めたもの。

唐花
閉じる ×

唐花

中国から渡来した花文様。実在の花をモチーフにしておらず様々な形をとる。ダイヤ型の花弁を4枚配したものが一般的。

古典模様
閉じる ×

古典模様

日本の染織の歴史で題材にされる事が多い文様。当時の文化や風俗、流行を写した「貝桶」「草花」「七宝」「片輪車」「源氏香」など。

友禅染
閉じる ×

友禅染

染技法の1つ。もち米やうどん粉等の糊を作り、隣り合う色が混ざらないようにする技法。江戸時代の扇絵師「宮崎友禅斎」の名から取られている。

牛首紬
閉じる ×

牛首紬

主に石川県白山市白峰地区(旧白峰村)において生産される紬織物。同地の旧地名「牛首村」が名の由来であり、玉繭を用いた節のある丈夫な布質が特徴。釘を抜けるほど丈夫なことから釘抜紬(くぎぬきつむぎ)とも称される。

伊達締
閉じる ×

伊達締

キモノを着る際に使う小物の一つ。長襦袢で一本、長着で一本使う事が一般的。それぞれ腰紐だけでは固定しずらい衿合わせやおはしょりのキレイな処理に用いる。博多織のほか合繊やゴム製など様々な種類がある。

腰紐
閉じる ×

腰紐

キモノを着る際に使う小物の一つ。着姿を整え、形を固定するために使用。絹製や木綿、モスリン等が一般的。

長襦袢
閉じる ×

長襦袢

肌襦袢と裾よけの上に着るもの。対丈で仕立てるが、別衿で仕立てる関西仕立てと通し衿で仕立てる関東仕立てがあり、関西仕立てが一般的。裾まであるものを長襦袢というが、上半身だけの半襦袢もある。礼装用には白地を用いるが、シャレキモノには色や柄を染めたものを使う。袖口や振りからのぞくキモノと長襦袢の組み合わせはキモノを着る楽しみの一つ。

肌襦袢
閉じる ×

肌襦袢

肌に直接触れる、肌の汚れや汗を取るための下着。裾除けの機能を兼ね備えたワンピース型もある。

裾よけ
閉じる ×

裾よけ

腰に巻き付けて使う裾さばきを良くするための下着、長襦袢の裾の汚れを防ぐ効果もある、

足袋
閉じる ×

足袋

足を覆う和装小物の一つ。現在は白のキャラコが一般的だがかつては革製で指先が割れておらず室町時代頃に現在の形になったといわれる。3~4枚コハゼが普段用に使われ、丈が長くより肌が見えずらい5枚コハゼの白足袋は礼装用に用いられる。白以外にも柄が入ったものや化繊等の素材を用いたものも普及している。

帯締
閉じる ×

帯締

帯の上中央部分に結ぶ紐。帯を結ぶ目的のほか装飾的な意味合いも強い。

帯あげ
閉じる ×

帯あげ

帯を結ぶ際、帯枕を覆い前で結ぶ小布。帯締同様装飾的な意味合いが強い。

帯枕
閉じる ×

帯枕

帯を結ぶ際、お太鼓の上部の山形を美しく整える道具として使うのが一般的だが、帯結びの種類により様々なサイズや型がある。

帯板
閉じる ×

帯板

帯を結ぶ際長着にシワをがよるのを防ぐために使う板状の道具。前板といもいう。

衿芯
閉じる ×

衿芯

長襦袢や半襦袢の半衿に芯として入れ、衿の形が崩れないように、また抜いた衣紋(えもん)をキレイに保持するのに用いる小物。

半衿
閉じる ×

半衿

汚れの防止と装飾のために、あらかじめ長襦袢の地衿の上に掛ける「掛け衿」の一つ。

ページの先頭へ