GINZA 和貴

商品を検索する

【中川織物謹製 大島紬】九マルキ サベ絣入 瑠璃絣

¥570,000(税抜)

◆最適な着用時期 袷(10月~翌年5月)

◆おすすめ着用年齢 40代~70代

◆着用シーン 食事会や観劇等

◆あわせる帯 袋帯、名古屋帯など

【中川織物について】

奄美大島にルーツを発する大島紬。

奄美の職人さんたちが鹿児島本土に渡ってきた当初から看板を掲げる

由緒正しい織元、それが中川織物です。

緻密で繊細な柄は元々男性用に多く使われており、

中川織物は高級な男性用の織を得意としていました。

男性が主に使っていた柄が女性用にも着用されるようになった時、

その培われた技術と経験により“中川織物の大島紬は美しい”と

より評価を重ねる事となりました。

現在でも数ある鹿児島の織元の中でも

伝統を踏まえた技術の確かさ

他では難しい困難な柄を織り出す事では定評があります。

多くの大島紬ファンの憧れの織元、中川織物の逸品を

ぜひお楽しみください。

                                     

【商品について】

白い輝きの中で絣が織りなす霞状の幾何学模様。

まるで白い宇宙の中で青く輝く星雲のような美しさを感じます。

幾何学的な柄の構成は大胆とも言えますが、とても上品ですね。

この大胆さと上品さを併せ持つには2つの秘密があります。

まず一つ目、それは絣の色です。とても優しい瑠璃色です。

先染めで瑠璃色に染めた糸を抜染し、まるで霞のような雰囲気を作っています。

そして二つ目がサベ絣です。

サベ絣は普通の九マルキの絣の点と点の間にさらに点を打つことで、この細やかさが繊細なイメージを作ってています。

このサベ絣を通常の十字の絣と交互に使用する事で、柄の中に霞のような色の瑠璃色の濃淡と繊細な立体感が生まれます。

幾何学模様は単調になってしまいがちではありますが、

この中川織物が築き上げてきた技術力によって繊細で優しい雰囲気が作られるのです。

ページの先頭へ