GINZA 和貴

商品を検索する

【錦織殿謹製 黄櫨染】先染め着尺

¥285,000(税抜)

表示価格は表地のみです。袷仕立ては¥35,000、単衣仕立ては¥20,000(共に税抜き)にて承ります。表地の素材や仕立て方法によりお仕立て価格は変動する場合がございますので、詳細はお問合せください。

西陣織全ての技法を習得している錦織殿に依頼した、GINZA和貴オリジナル先染め着尺です。

群馬県は碓氷で育てられた蚕種「あけぼの」の糸を使用しました。あけぼのは通常の蚕よりも小さく糸も細いため、一頭から採れる生糸の量も少なく、希少な蚕種です。糸自体が持つ光沢が強いことも特徴です。

黄櫨染とは天皇が晴れの日にお召しになる袍に用いる染色を指します。世界中の王族が紫を尊ぶなか、嵯峨天皇の御代にこの黄櫨染が最高位の色として採用されました。櫨や蘇芳を用いて染め、“赤みがかった黄色”から“黄色みがかった茶色”まで幅広い色があります。しかし最も大きな特徴は太陽光を当てた時に“赤みを持った輝き”を放つ事にあります。

GINZA和貴オリジナル黄櫨染はこの特徴を最も効果的に発揮する「あけぼの」を使用した、糸から染め、織りにまでこだわりました。

ページの先頭へ