GINZA 和貴

3月23日(火)~4月4(火)伝統の粋 松原家の長板中形展※会期終了

看板 松原another

伝統の粋
松原家の長板中形展

■期間:3月23日(木)~4月4日(火)

繊細な柄を細やかに染め上げる伝統染織“長板中形”。

松原家は大正時代から連綿と技術と伝統を受け継ぎ、

重要無形文化財認定者である松原定吉氏を輩出しました。

その直系である孝司氏・與七氏の

確かな手仕事だからこそ成し得る藍の美しさをお楽しみください。

◇一部商品のご紹介◇

松原與七作 絹々紅梅着尺 335,000-(お仕立て上がり・税抜き価格)

格子部分も絹で織られた絹々紅梅の着尺に

波紋を重ね、見た目も着心地も涼しげです。

夏のキモノとしても最上級の浴衣としても

お楽しみ頂けます。

t21-074562-3

松原孝司作 九寸帯 ¥320,000(税抜価格)

日本画から影響を受けたクロード・モネの「睡蓮」の水面を写しとったような揺らぎ感が

何とも言えない美しさを感じさせます。

印象派にも通じる東洋の美です。

ob40-074548-2

「インフォメーション」

お店や商品、取材についてのお問い合わせは、お電話もしくはこちらのお問い合わせフォームよりお願い致します。

ページの先頭へ